キャンパスの外にある学びを探しに!
よく学び、よく遊ぶためのWEBマガジン

201412/17

選べば自分が見えてくる-意外と知らない海外でのカード活用法-

株式会社クレディセゾン × NOIZ


「クレジットカードなんて沢山あってよくわからないし、どこの会社でも一緒だよ」なんて思っていませんか? そういう僕もその一人。僕たち大学生は、クレジットカードの賢い使い方やメリットについて、意外と知らないものです。これから当たり前のようにみんなが海外に出ていく時代、ここらでカードのスマート な使い方をマスターしておきたい! ということで、「永久不滅ポイント」で知られる「セゾンカード」を発行する株式会社クレディセゾン様にご協力いただ き、同社営業企画部の齋藤智恵さんと金子可林さんのお二人に、クレジットカード・トラベルプリペイドカードの使い方について伺ってきました。

クレディセゾンの金子さんと齋藤さん。見晴らしの良いオフィスで。

海外での新しいお金のカタチ、「NEO MONEY(ネオ・マネー)」が新しい!

NOIZ編集部(以下編集部) 今は海外旅行や留学など、学生の行動範囲も広がっています。海外での現金のやり取りは不安がつきまといますが、そうした問題を解決する手段は何がありますか。

齋藤さん 海外で現金を大量に持ち歩くのは危険ですし、両替所も場所によってレートが違うなど不安ですよね。そういった点ではクレジットカードを使ったキャッシング、もしくはトラベルプリペイドカードを利用して必要な分だけ引き出す、という使い方をお勧めしたいですね。

編集部 トラベルプリペイドカードとは初めて聞くのですが、どのようなものですか。

齋藤さん  弊社の場合、「NEO MONEY(ネオ・マネー)」というトラベルプリペイドカードを発行しています。これは、日本国内で現金をチャージしておけば、海外のVisaまたは PLUSマークのあるATMで、いつでも現地通貨を引き出すことができるサービスです。クレジットカードのように審査がなく、手軽に作れることがメリット で、13歳以上の方ならお申し込みできるので、留学や旅行などで海外に出かける学生の皆さんに人気の商品です。チャージした以上は引き出すことができない ので、使いすぎるという心配がありません。

編集部 日本で入金した日本円を現地の通貨で引き出せるわけですね! その際の両替レートが気になります。

齋藤さん  Visaの定めるレートに弊社の海外サービス手数料5%を加えた金額になります。これだけ聞くと高いと感じられるかもしれませんが、国内の外貨両替ショッ プで両替した場合のレートと比べるとお得な場合が多いです。学生の皆さんがよく訪れるアジアの国々については、大半の通貨は国内で外貨両替するよりもお得 です。またVisaの加盟店では、残高の範囲内でショッピングに使うことができます。使用した分は、残高内から引き落とされるため、この場合もやはり使い過ぎを防ぐことができます。

編集部 留学に非常に役に立ちそうですが、このカードのお勧めの使い方はありますか?

齋藤さん  長期の留学だけではなく、短期の旅行でクレジットカードと併用するのも便利です。旅行先でチップが必要な店やクレジットカードが使えない店があり、急に現 金が必要になる時があると思います。そのような時、現地通貨を手軽に手に入れる手段として使っていただけます。また、年会費・入会費は無料なので、旅行期 間にかかわらず、何かあったときのサブカードとして持っていく方も多いです。いざという時、親御さんから送金を受けることも可能。長期留学ですと、現地の 銀行に口座を開設し、そこに日本から送金してもらうケースもあると思いますが、手数料が数千円もかかるため、NEO MONEYを利用すると便利でお得です。

また、ヨーロッパ周遊など、複数の国に行かれる方にもお勧め。都度両替すると、その旅に手数料が発 生してしまいますし、余った現地通貨を日本円に戻す時、さらに手数料がかかるため、だんだん目減りします。NEO MONEYなら必要な分だけ現地通貨で引き出せるため、余分な両替はせずにすみ、目減りしません。

日本国内で現金をチャージしておけば、海外のVisaまたはPLUSマークのあるATMで、いつでも現地通貨を引き出すことができる「NEO MONEY」

大学生が意外と知らないクレジットカードのあれこれ

編集部 次にクレジットカードについて教えてください。学生用のカードは、特に限度額が少ないですよね。限度額の引き上げなどは可能なのでしょうか。

金子さん 審査はありますが、カード会社にいつごろ何に使うのかということなどを伝えていただければ、一時的に限度額の引き上げが可能です。限度額があるからといって大きい買い物をあきらめる必要はありませんよ。ただし、もちろん計画的に使ってくださいね。

編集部 クレジットカードを選ぶ際、VisaやMASTERなど、さまざまなブランドがありますが、何か違いはあるのでしょうか。

金子さん  ご存じない方が多いのですが、例えば「○○カードを持っていると5%引き!」なんていうキャンペーンを各ブランドがよく行っています。そのため「この店は 今○○カードのキャンペーンをやっているから○○カードを使おう」といった使い方ができます。たとえば弊社のクレジットカードは4つのブランドから出して いますが、アメリカンエキスプレスなら、海外で利用した際、永久不滅ポイントが2倍になるなどの特典があります。JCBはディズニーランド招待キャンペーンなどを行うこともありますし、ブランドによってさまざまな特典が用意されています。

編集部 お話を伺うと、いろいろなブランドのカードを持ちたくなりますね。実際、学生が複数のカードを持つことについてはどのようにお考えですか。

金子さん 国によって使いやすいブランドは違いますので、1枚しか持っていないとそのブランドが使えない時に困るため、2枚以上持つことをお勧めしています。その際、同じ財布ではなく、別々の場所にしまっておけば、万一なくした時のバックアップとして安心です。

編集部 なるほど、それもそうですね。ところで、クレジットカードをもっとお得に、有効に使えるサービスはありませんか?

金子さん セゾンカードをお持ちの方でしたら、「永久不滅ドットコム」という弊社ポイントサイトを経由して買い物をしていただくと、ショッピングで貯まる永久不滅ポ イントが通常の最大30倍貯まるというサービスがあります。皆さんが日頃利用している楽天やamazonといったショッピングサイトでの買い物も、本サイトを介すだけで、ポイントが最大2倍になるメリットがあります。永久不滅ポイントはネットやカタログからお好きな商品を選んで交換できますし、キャッシュバックも選択できますよ。

左:/年1回以上のご利用で次年度の年会費が無料になる「セゾンパール・アメリカン・エクスプレス(R)・カード」/右:旅行傷害保険や旅をサポートしたサービスが充実した「セゾンブルー・アメリカン・エクスプレス(R)・カード」

教えて! クレジットカードの「付帯保険」って本当に役立つの?

編集部 クレジットカードにはよく、「最大○○万円補償」といった旅行保険がついていますよね。でも具体的にどうやって使ったらいいのか、ということを知っている人はなかなかいないと思います。実際、旅先で病気や怪我になったときに、どのように使えばよいのでしょうか。

金子さん 保険が付帯しているクレジットカードの場合、基本的には一旦費用を立て替えていただき、後から保険会社へ請求する形になります。保険金請求にあたって、現地でしか入手できない書類が必要な場合があるので、まずは事故受付センターに電話をすることが肝心です。また、救急車の手配や日本語が話せるお医者さんの案内なども行ってくれます。

保険が付帯していることを知ることは、安全面を意識するということにつながるのでそういった意味でも大切かなと思います。また、これを知っていれば、“もし病気になったら電話して現地の病院を紹介してもらう”とか、“盗難にあったらすぐに現地の警察に届ける”とかの「シミュレーション」ができます。これをしておかないと現実になったときにパニックになってしまうからこういう機会に学生の皆さんがクレジットカードをしっかり意識して考えるのはとても大事だと思います。

編集部 たとえば、年に一度でも使えば年会費無料のカードと、年間費が数千円のものとありますが、後者だと保険がついていますよね。やっぱり無料だからといって保険なしを選ぶのではなくて、頻繁に海外に行くような学生であれば、空港に行って使い捨ての保険を毎回購入するよりはずっと安いですよね。

金子さん そうですね、保険期間は3ヶ月ほどなので旅行だけでなく短期留学にも利用できます。旅行に頻繁に行く方は保険用にカードをもっていることも多いですね。数千円で一年間分の保険がついてくるので、行けばいくほど得になります。また空港からの荷物の宅配も一個片道無料になります。提携先の受付センターが空港にあるのでそこに持っていってカードを提示すれば利用可能です。

カード選びは自己分析、カードから自分のライフスタイルを見つめなおす。

以上クレディセゾンさんのインタビューを紹介しましたが、こういう話を聞くと年会費3000円くらいなら安いと感じますね。

ただ、クレジットカードは年間費が無料だからよいという話ではないし、かといって年間費をかけて保険をつければそれで良いというわけでもない。海外旅行に一度も行 かないという人は年会費無料のほうでも十分だし、頻繁に旅行にいくなら年会費の価値以上にカードを有効に使うことができる。その年会費にどこまで付加価値をつけられるかというのはあくまで僕たち一人ひとりの判断次第です。

たくさんの種類があるからカードを選ぶのが面倒で、適当に選ぶ、もしくは持たないという選択肢をとる人も多いかもしれません。しかし自分のライフスタイルからカードを選んでいく、そしてカードを選ぶことによって自分のライフスタイルを見直すというところまで考えていけると、もっと自分の生活の幅も広がるのではないでしょうか。この記事を読んでもらうことによって、お金との付き合い方まで考えてもらえるといいなと思います。

ライフスタイルは就職や結婚といった人生の節目、または買い物するスーパーが変わることでどんどん変化していくものであり、使うカードもその生活の変化に合わせて一緒に変わっていくものです。そういった自分をとりまく環境も考慮して自分にあったカードを選んでいきたいですね。齋藤さん、金子さんありがとうございました!

(取材・文 NOIZ学生編集部 江花松樹)

【クレディセゾンからのお知らせ】

お得なキャンペーン実施中! 是非ご入会ください。

海外旅行の心強い味方 海外専用プリペイドカード「NEO MONEY」

>>「NEO MONEY」のお申し込み・詳細はこちら
入会&チャージで500円分ボーナスチャージ!

ライフスタイルに合わせて選べるセゾン・アメリカンエキスプレス(R)カード

>>「セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード」のお申し込み・詳細はこちら
永久不滅ポイント200ポイントプレゼント!

>>「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード」のお申し込み・詳細はこちら
年会費初年度無料、永久不滅ポイント400ポイントプレゼント!


PAGE
TOP